伝統文化のこだわり

歳乃神は毎年小正月の頃に行われます。この行事では豊作を祈って藁を木に括り付け、大きい松明を作ります。燃やす前に願いを書いた書き初めを飾りつけ、年男年女が火を付けます。このとき書き初めが天高く燃え上がれば願いが叶うと言われています。

おらの地域の伝統行事は豪快だっけえのー

重機で起こしていて高さ10m以上です。はしごに登っての作業もあり非常に怖い。  その年の年男年女が火を付けます。近くで燃やすため迫力はものすごいですよ。

豪雪を生きるための知恵があるすけ

藁を編んでの注連縄作りは年寄りの伝統工芸です。  きつく結んで火が付いたら最後開くようにするのが西之前流